[----] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment-│--時頃 |

[0925] HH様邸リフォーム2日目

20080925_haya_01.jpg
既存勝手口ドアが取り外されました。
レーザーで水平、垂直を計測し、枠を作っています。
物騒なので、今日のうちに取替えを完了させます。

20080925_haya_02.jpg
大工さんの昼休みに電気屋さんが来て工事をしています。
エアコン、暖房器具取外し、コンセント新設、移動工事です。

20080925_haya_03.jpg
親子ドアに取替えのため、さらに解体工事中。
柱を移動します。
廊下側のクロス補修がなるべく出ないように、ピッタリにカットしてもらいました。

20080925_haya_04.jpg
夕方の写真です。
とりあえず勝手口取替え完了です。
明日、枠や、外壁部分、内部枠などの大工工事をしていきます。

20080925_haya_05.jpg
押入れ部分の建具枠が入りました。
今回は、天井までの背の高い引戸が3枚入ります。
通常のクローゼットドアでは、開けたときに折れ戸のため、手前に45センチほど出っ張ってきます。
こんかいは、3枚引戸を提案いたしました。
天井部分ぎりぎりです。

ここもレーザーで垂直、水平を測りました。
柱が北側に5mmぐらい倒れていました。
新規にとりつける場合は、とうぜん垂直にとりつけしなければ、いけません。
パッキンなどをして、枠を垂直、水平にとりつけしていくので、思ったより手間がかかってしまいます。

しかし、ここを安易に取り付けしますと、あとで大変なことになってしまうのです。
見た目もあまり違和感のないようにしなければいけないのです。

リフォームではよくあることなので、建物が狂ってしまって、長持ちしないわけではありません。
木材が乾燥したりして伸び縮みするため、
どうしても、多少のくるいはでてくるのです。

いじらない部分は水平垂直ではない。いじる部分は水平垂直につくる。
では、いじらない部分と、いじる部分の差をどうするのか??

そのが一番大事なところです。
リフォームに熟練した監督や職人さんが必要になってくるところなんです。

20080925_haya_06.jpg
押入れ部分が大分出来てきました。
古い断熱材は、湿気で真っ黒になっていましたので、急遽取替えしました。

20080925_haya_07.jpg
親子ドア部分の柱を移動しました。
明日、枠が入る予定です。

本日も、順調に工事は進んでおります。
スポンサーサイト

リフォーム | Comment-│18時頃 |

| main |

プロフィール

ae92

Author:ae92
新築住宅のアフターサービス・メンテナンス・リフォームを担当しています。

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。